日々感じたことを書き綴ってます


by accomarie
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
b0140222_16255969.jpg

いつの世も、権力は見せしめを必要とする。
人間は原則的に報復してしまう生き物である。
サルバドールの死は明らかにフランコ暗殺に対する報復としての処刑である。権力の決定の前で、個人はいかに無力かがわかる。
サルバドールがいかに人間としての魅力があっても、その魅力で看守の心をとかし人間的なやりとりをかわすことができるようになっても、権力が「死刑」と決断すれば処刑されるのである。恩赦を願う民衆の声も「見せしめ」を必要とする権力の決断を覆すことはできなかった。葬儀にいくら多くの民衆が集まっても、すでにサルバドールは処刑されてしまったのだ。
権力の決定の前で、個人はこんなにも無力なのだ。
なんというか、救われないこの気持ち・・・。
非常に良い映画である。「感動した」で終わってしまってはいけない、考えさせる映画であることは間違いない。

重すぎる後半とのバランスをとってなのか、前半までの銀行強盗のコミカルな描き方、アクション映画のような銃撃戦の描き方とロックなBGMには違和感を覚えてしまった。監督は英雄としてではなく等身大の若者として描きたかったと述べているけれど、こういう描かれ方をすると、スペインの状況を知らない人(日本人とか)には、単なる無鉄砲な若者、自由を求めてというより暴れたいだけの若者と見えてしまい、後半のサルバドールに感情移入できない人も多いのではないだろうか?
前半部分でフランコの圧政や理不尽な軍事裁判などももう少し描いていてくれたらもう少し違ったのではないかと思う。

しかし後半部分は文句なしに引き込まれた。考えさせられた。
死刑宣告から処刑まで12時間の猶予。恐怖を与える処刑具。そしてあまりに原始的で残酷かつ苦しみの長い処刑方法。処刑から絶命まで「待つ」非情さ。
私は死刑廃止論者ではなかったけれど、このような恐怖や苦しみを人が人に与えてよいのか?人間には人間を裁く権利などないし、死刑を下す権利もないのではないかと思ってしまった。

現在はこのような手法はとられていないはずだけれど、かつてのスペインで行われた残虐な処刑方法、そこに至るまでの克明な描写をみるだけでも一見の価値のある作品だ。

宣告を精神力で受け止めていくダニエルブリュールは素晴らしかった。いい役者だなあと思う。
[PR]
# by accomarie | 2008-06-11 00:00 | 映画 Le film
b0140222_1824382.jpg

この作品、とても好き。東独のことを少しも知らないのに、東独の風景と理想が失われていくラストシーンに感涙。泣いて笑ってと紹介されているけど、これ、コメディではないと思うけど? 私には声だして笑うようなシーンはなかった。
空とぶレーニン像のシーンもとてもせつなかった。
(そのうち加筆します)
[PR]
# by accomarie | 2008-06-07 23:00 | 映画 Le film
b0140222_1823371.jpg


後味の悪くない、小気味良い若さあふれる映画。
反骨精神が衰えかけた老体(私)に心地よいカンフル剤のような。

様々な問題提起を内包しつつもテンポと勢いを失わない脚本が何より素晴らしい。

働いても働いても生活するだけで精一杯の労働者がいる一方で、必要以上の広いプールつきの大豪邸に住み、ガレージに何台もの高級車を眠らせ、ほとんど使いもしないヨットを所有する資本家がいる。この不公平感。日本も格差社会なんて言われているけれど、きっとドイツのそれにくらべたらたいしたことないのだろう。
誘拐した資本家が元学生運動家という設定が面白い。日本の全共闘世代もそうだけれど、年をとって安定を望むようになるとみなこのように日和って資本主義の歯車になっていくものなのか。理想主義は若者の特権なのか。
女が入ることで男同士の友情が揺れたり、理論ありきの頭でっかちの男に、感情的になりやすく主観で行動しようとする女。思想だけでなく若い男女の三角関係を混ぜたところが巧い。

個人的にちょうど連合赤軍本を読んでいたところだったので、やはり活動は過激化し、過激化した活動は追われることになり、活動家は山へ逃げるのねと思った。万国共通なのか。

DVD特典の監督のコメント、現代は革命という言葉は資本家に用いられ陳腐化してしまったという一節にとても同感。(日本でも脳内革命とか価格革命とか流行ったし)
もう革命という言葉に重みがない時代に生きる若者の憤りに強く共感した。
こういう終わり方も好き。ハッピーエンドとは思わないけれどウマイし、溜飲が下がる。

でもこの日本語タイトルは違和感があって残念。
[PR]
# by accomarie | 2008-06-06 18:23 | 映画 Le film
vendredi 6 juin 2008

Récemment,dans au bureau,il y a de plus en plus de règles.
Aujourd'hui,il est interdit d'écouter un iPod au travail,de placarder mettre des affiches sur le mur,d'étiquetter son ordinateur,de faire des photocopies en couleur,de mettre des mascottes sur le bureau,d'installer des logiciels...etc.
Ça m'énerve!
[PR]
# by accomarie | 2008-06-06 00:57 | 雑記 Mon cahier

cahier

b0140222_17283243.jpg


C'est "l'ecrire"!?
[PR]
# by accomarie | 2008-06-02 16:45 | 雑記 Mon cahier

Le souvenir de petit voyage

Je suis allée à Paris deux fois.
La premiere fois, du 3 au 7 février 2006.
Je suis descendus dans un hôtel près de Porte de clichy.
J'ai visité la Basilique du Sacré-Cœur de Montmartre,la Cathédrale Notre-Dame de Paris,la tour Eiffel,les Champs-Élysée et le Château de Versailles.

Il n'y avait presque pas l'accordéonist.
Je n'en ai vu qu'un.Il est jouait dans le métro.J'ai parlé avec lui.Mais,il ne parlait pas la langue,parce qu'il n'était pas français.
b0140222_1692332.jpg


La deuxieme fois, du 1 au 6 février 2007.
Je suis descendus dans un hôtel près de Cour Saint-Emilion.

Je suis visité le Musée du Louvre,l'Opéra,la Sainte chapelle,le marché aux puces de Clignancourt et le Cirque D'Hiver.

J'ai rencontre des amies. Une habite à Paris pour apprendre l'accordéon.Nous avons visité "Paris-Accordéon" et "le Barajo" et la Fnac.J'ai acheté beaucoup de CDs d'accordéon.
b0140222_18185510.jpg


l'autre habite à Paris aussi. Elle est mariée avec Tunisien.Elle venddes produits tunisiens sur internet.Elle m'a donné un gâteau tunisien.
[PR]
# by accomarie | 2008-05-30 18:55 | Le voyage

À qui est la société?

mardi 27 mai 2008

Aujourd'hui, j'ai appris que le P.D.G. et les directeurs généraux de ma société ont changé.
L'assemblée générale des actionnaires ont décide.

À qui est la société?
Elle appartient aux actionnaires?
[PR]
# by accomarie | 2008-05-27 23:28 | 雑記 Mon cahier

ダブリンの街角で ONCE

b0140222_103949.jpg


この映画は何より音楽が良かった。(どの曲も好みだった♪)
音楽を通じて深まる絆。いいなあ。憧れるなあ。
(そのうち加筆予定)
[PR]
# by accomarie | 2008-05-26 01:02 | 映画 Le film
Dimanche 18 mai 2008

b0140222_221560.jpg


Aujourd'hui, j'ai regardé "Jitsuroku Rengo Sekigun",de Koji Wakamatsu.
C'était très intéressant.

若松監督渾身の力作。同じ連合赤軍の事件でも、権力側から描き単なるアクション映画に堕とした駄作「突入せよ」、劇中劇という形をとることでオブラートにつつみ、奥歯にものが挟まったかのような「光の雨」にくらべ、この映画は煮えたぎるようなエネルギーであまりにもこの事件を真っ正面に真面目に描いている問題作だ。いっときも目が離せない、常に緊張感のゆるまない190分だった。

おおまかに三部構成で、まずは当時のニュース映像を中心に60年代の闘争史をまとめ、山岳ベースでの同志粛正に至る人間模様を描き、最後はあさま山荘の銃撃戦へとつなげた。

いわゆる「本編」に入る前に、丁寧に60年代の総括をするという構成・・・以前にもどこかでこういう構成をみたことがあるなと思ってよく思い出してみたら、それは山崎哲率いる新転位・21の「砂の女」であった。この公演も非常に良質だったが、やはり連合赤軍をモチーフとした芝居で、冒頭部分で、劇場壁面にニュース映像などを映写して、過熱した政治の季節について説いたのだった。連合赤軍事件は、これだけを取り出しては語れないということか、これは闘争の季節を知らずに生まれた世代へのレクチャーか? しかしそれにしてもなんとエネルギッシュな時代だったことか。全編を通して、この冒頭のニュース映像が最もエネルギ−を感じさせた。やはり本物の迫力。つくづく凄い時代だったのだと思う。

とはいえ、役者は大熱演で大迫力であった。平成の役者たちとは思えないほどのほとばしる熱量。素晴らしいキャスティング。特に、永田洋子役の並木愛枝の怪演は忘れられない。彼女の視線、表情、発声、非情な微笑み。非常にリアリティがあった。実際、こんなふうに君臨し、こんなふうに命令していったに違いない。
坂井真紀は昭和というよりは平成の人間を感じさせ、重信房子の親友なのにこんなにも軟派だったのだろうか?なんて思いもしたけれど、それがゆえにどんどん集団の中で浮いていく様子が腑に落ちた。平成の平和ぼけした私たちが作品に入り込むための描かれ方なのかもしれない。

1972年を知る人はみな「あさま山荘銃撃戦のテレビ中継」の強烈な印象を語る。相当な衝撃を与えたらしい有名な事件だ。しかし、私は、あさま山荘よりも山岳ベースでの同志粛正事件に関心がある。

当時まだ生まれてもいない小娘に何がわかると言われるんじゃないかと、あまりに人には言わないのだがこの究極の集団状況は非常に私をひきつけてやまない。

あさま山荘はともかくとして(山岳ベースで追いつめられなければ起きなかった事件かもしれないが)、山岳ベースでの壮絶な私刑は起きないで欲しかった。なぜ世界を変革しようと外に向かっていた矢が同志に向かってしまったのか? 粛正はシンパシーを得られない。このようなことがなければ、闘争のエネルギーは現代までもう少しくらい引き継がれたのではないだろうか? そう思うと残念でならない。

以前読みあさった当事者の手記にあった壮絶な集団の状況をほぼ忠実に再現していたと思う。私自身が文章を読んで想像した風景と映像があまりにも酷似していて驚いた。

反権力を唱える集団なのに、その内部に権力者が生まれてしまう。大いなる矛盾。
やはり人間は厳密には平等ではないし、並列ではいられない生き物なのだ。人が複数集まるところには必ず序列が生まれ、いつしか権力者が誕生してしまう。

思想だの理想だの色々頭でっかちになって理論武装しているけれど、結局のところ、権力者、追随者、傍観者、標的が生まれてしまった。彼らは理想に燃え、様々な書物を読み、確固たる思想を持っていたかもしれないが、結局はこの極めて原始的な人間の集団的セオリーを徹底的に遂行してしまった。

山岳ベースで起きた事件のように実際の暴力には至らないけれど、現代の社会でもこういった構図は少なくないと思う。少なくとも私は学校で職場で似たような感覚を味わったことがある。
もし私がこの中にいたとしたら、きっと生き残るだろうと思う。不運にも標的となってしまった仲間をかばうことも権力者に歯向かうことも、追随することもなく、目をそむけ、うまく立ち回り、生を勝ち取ることだろう。情けないけれど私はそういう人間だ。

パンフレットを読むと、加藤少年の「勇気がなかった」のセリフは、当事者や活動家からすると違和感を感じる言葉らしい。しかし私にとっては聞きたかった一言だった。
[PR]
# by accomarie | 2008-05-18 22:09 | 映画 Le film

靖国 YASUKUNI

lundi 12 mai 2008

b0140222_19171172.jpg


Hier,j'ai regardé "YASUKUNI",puis j'ai participé à une discussion.
Ce film était très intéressant. J'ai ressenti de la colère et des questions.
La discussion était très intéressante,aussi.J'ai exprimé mon opinion. Avand de parler,j'ai bien réfléchi.J'ai retrouveé mes idées.Ce film m'a ouvert les yeux.Je dois réfléchir plus sérieusement aux problémes sociaux et en savoir davantage.

Japonais
[PR]
# by accomarie | 2008-05-12 23:59 | 映画 Le film