日々感じたことを書き綴ってます


by accomarie
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

2008年 09月 02日 ( 1 )

1年前、安倍さんの突然の辞任の時も驚いたけれど、驚いたことに今年もまた9月に総理が突然辞任。
政治家には本当に呆れる。安倍さんがあんな情けない辞め方をしたにも関わらず何事もなかったかのように政治家を続けられるのだから、きっと政治家にとっては途中で投げ出すことは無責任でもなんでもないことなのだろう。例えば私たち庶民が職場などで「この役職にはもっとふさわしい人がいると思うので辞めます」と途中でポストを投げ出したら、まずその職場にはいられなくなる。政治家って途中でやめてもまた復帰出来るからお気楽だよなと思う。

次の総理は、次の自民党総裁選で選ばれる人。政治家たちが決める。
一国の首相が変わるそのとき、私たちの声は反映されない。

現与党は3年前の総選挙で国民の大多数が支持した政党かもしれないけど、その間、たくさんの不祥事や失言があり、不透明な年金問題があり、極めつけに情けない投出辞任をした首相が二人もいるのだからその当時とは国民の考えも異なっているはずだ。

無責任な辞任をするのなら、解散総選挙をして、国民の審判をうけるべきだと思う。
政治家達の駆け引きだけで首相が辞めたり就任したりする。国民は蚊帳のそと。
こんなことだから、選挙なんて行っても行かなくてもどうせ同じという政治無関心の若者が生まれる。悪循環。
この国の政治家は本当に国民を馬鹿にしている。
こんなにも馬鹿にされていることに気づいていない国民も多すぎる。

一国のトップが交代するのなら、国民の声(解散総選挙)をきくべきだ!
(選挙に当選したのち、政党を変えて議員を続ける人もいるけど、あれも国民を馬鹿にしていると思う)
[PR]
by accomarie | 2008-09-02 00:37 | 雑記 Mon cahier