くくり方がおかしい


「酒鬼薔薇」世代 教育のひずみ? 秋葉原通り魔事件

秋葉原の無差別殺傷事件で殺人容疑で再逮捕された派遣社員、加藤智大(ともひろ)容疑者(25)は、神戸連続児童殺傷事件の容疑者の元少年と同年齢の「酒鬼薔薇(さかきばら)世代」。10年前、教育現場では神戸事件を受け、「心の教育」が問われながら、ナイフを使った少年の事件が相次ぎ、突然「キレる」子供の問題が深刻化した。家庭や学校のしつけ・指導力低下が顕著になり、識者からは「挫折に弱い」「過保護」など、この世代が受けた教育の弊害を指摘する声もある。

 ■「実体験」希薄

 「ヤンキー先生」の通称がある参院議員の義家弘介氏は、平成11年から務めた北星学園余市高校で、加藤容疑者と同世代の生徒を受け持った。

 「幼少期から『個人の自主性が大切』『校則はいけない』『詰め込みは悪』という教育にどっぷりとつかった世代」と振り返る。

 昭和50年代に吹き荒れた校内暴力で管理教育や体罰が問題となり、反動から校則をなくそうという動きも出た時代。埼玉県立所沢高校で平成9~10年、入学式ボイコットの騒ぎを起こした生徒も同じ世代だ。

 学習内容を大幅削減した「ゆとり教育」の学習指導要領改定が行われたのもこの時期。義家氏は「勉強ができる、できないは子供にとって切実な実体験。それが『できなくてもいい』という教師によってぼやかされ、努力の大切さという当たり前のことも教えられていなかった」という。
(以下略)
(産経新聞 鵜野光博 6月22日)
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/155093/


殺人という犯罪と、日の丸君が代(当時はまだ悪しき国旗国歌法は未制定)強制に抵抗の意思表示をした生徒を並列に並べるとは。論理のすりかえにすぎないのでは?
これを書いた記者、鵜野光博氏を調べるとかつて所沢高校問題の際に取材を行ったことがあるようだが、彼はそのとき一体何を見ていたのだろうか?ひとつの問題のある世代の犯罪にも等しい行為として見ていたのだろうか?

よく大人が子供に「新聞を読め」というけれど、新聞記事というのもピンきりだ。このようにもっともらしく論理のすりかえをする記事も少なくないので読む側は注意しなくてはいけないと思う。
[PR]
by accomarie | 2008-06-23 23:39 | 雑記 Mon cahier