日々感じたことを書き綴ってます


by accomarie
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

税金は何のために使われるものなのか?


救出費用は自己負担に=イランの邦人解放で-笹川氏

 笹川堯衆院議院運営委員長は17日午前の自民党役員連絡会で、イランで誘拐された日本人大学生が8カ月ぶりに解放された事件に関し「外務副大臣がスタッフを連れて、3度イランに行っている。これはみんな国民の税金(で負担している)」と指摘した。その上で「政府が渡航の自粛を要請しているところに行った人については、今後、外務省で厳しく徹底する必要があるのではないか」と述べ、救出に要した費用は本人の負担とすべきだとの考えを示した。(6月17日13時0分配信 時事通信)


このような発言はさも誘拐された彼が渡航自粛勧告を無視して出かけたようにとられるが、この事件前には特に危険情報は出されていなかったそうだ。
つまり、外務省は、誘拐拉致事件が発生して初めてこの地域は危険であるからと、渡航自粛勧告を出したのだ。そのような後手後手にまわる施策をおこないつつ、よくもまあしゃあしゃあとこのような事がいえるものだ。

同じ国民として自国民の救出に全力を尽くすのは当然のことではないのか?
自国民のために国民の金=税金を使うのは当然のことではないのか?救出のための費用は税金の無駄遣い!?

税金は誰のためのものなのなのか?
一若者を救出するための費用を捻出できないのだとしたら、税金とはいったい何のために使うものなのか?
要らない道路を作ってマージンで政治家をメタボにしたり、最新の武器を購入して人を殺すトレーニングをするためのものなのか?
[PR]
by accomarie | 2008-06-20 00:00 | 雑記 Mon cahier